低気圧と偏頭痛

イベント(NiGHT PiCNiC,night after night)日々の些細なこと、音楽、ほとんどくだらない

春がきたら

あっという間に3月になって確実にもう冬の匂いも少しずつなくなったきた

季節の移り変わりはいつだってどこか寂しい

春から夏、夏から秋、秋から冬

そして再び冬から春に季節は変わっていく

 

この季節はイヤホンをしてあてもなく歩くのが好き

途中コンビニに寄りあったかいコーヒーを飲みながらタバコを吸う

今日はこの三曲を聴いてました

 

mol-74 - エイプリル【MV】

 

 

odol - 生活 (Official Music Video)

 

 

【MV】プププランド『きみの春になれたら』

 

 

 

 

プール

f:id:qurulium:20190126025620j:image

先日プールに行ってきた

区が管理してるやつ

平日の昼間だからか人は少なくて

いるのはおじいちゃんとおばあちゃんばかりだった

みんな余生を謳歌してて僕もこうなりたいなとふと思った

 

泳ぐことなんて本当に何年ぶりか分からないくらいで最初体もびっくりしてたけど、泳いでいくうちに楽しくなってきて、クロールと平泳ぎを繰り返してみた

背泳ぎは少し怖くてできなかった

昔からゴールに手より先に頭が到着してしまう

 

10往復くらいしたら少ししんどくなってきたからやめた

帰りに一服しながら飲んだコカコーラがすごく美味しかった

体育の後の蛇口から出る水道水が異常に美味しかったことをふと思い出した

帰り道の自転車

塩素の匂いがする自分の髪や体

運動するって大切だね

 

 

僕が通ってた大学には一年生の時に必修科目で体育があった

大学なのに高校みたいなノリの大学だったな

春〜夏はプール、そして秋には変な運動会みたいなのがあって、全学部の一年生が集まってそこで変な体操を踊らされるんだ

ラジオ体操の少しハードver.みたいなの

シュール通り越してもはや少し面白いやつ

踊りたくないけど、必修科目だから踊らないと卒業どころか進級もできない

理不尽だ

 

そういえば音楽の授業もあった

これももちろん必修科目

冬にあらゆる学部の一年生が集まってめちゃくちゃ大きなホールでベートーベンの第九を歌う

それを目標に週一回の授業で歌の練習するんだけど、これもなかなか辛かったな

 

山を削って作った学校だから最寄駅から校舎まで歩いて最低15分はかかるし、ゴルフの打ちっ放し場があるし、校舎にヤギとかいるし、学祭に有名人は来ないし、学食はたいして安くないし美味しくもない(でも好きだった)

そんな大学だった

でもなんだか憎めないというか今では愛おしくさえ思う

 

なんだかしばらく会っていない忘れてしまっていたいろんな人の顔が浮かんできてすごくすごく会いたくなってきた

ラインをしよう

けれども 僕は嘘をつくだろう

 

最近お気に入り気になってるバンド②

朝は和食派です

 

 

 

 

SPOOL(スプール)"sink you"

 

来年2月にTESTCARD RECORDS(別名ぬーひーレコーズ)より1stフルアルバム「SPOOL」をリリースする4人組ガールズバンドSPOOL(スプール)

10月に揺らぎみらこ姉さんと共催した『北沢爆音祭』にも出演してもらったバンド

 

最初の印象はとにかくメロディが良い

シューゲイズって爆音でうるさそうってイメージを持って敬遠してる人も少なくはないと思う中で、こういうバンドがいるのは勝手に嬉しい

僕もそんなシューゲイザーってモノに詳しくないからごめんなさい

でも、バンドとして持ってる透明感と柔軟性は凄く武器だなと思っていて、シンプルに今後が楽しみなバンドです

 

今作はレコーディング・ミックス・マスタリングをmagic loveの近藤さんが務めてるらしく制作途中も話に聞いてたから発売が楽しみです

サウンドクラウドでは先行でリード曲"Be My Valentine"が視聴できるらしいよ

https://m.soundcloud.com/user-436374659/tcre-003-spool-be-my-valentine/s-40ook

 

かっこいい…好き

 

 

アフターアワーズニュータウン

 

大阪のスリーピースロックバンド

アフターアワーズ

夏だか秋だか忘れてしまったけど、真夜中の下北沢モナレコードで見た

僕は休みの日は夜中ちゃんとお家の布団で寝てたい人間なんだけど、このバンドのせいで結局朝まで下北沢で遊んでしまった

最高に良いライブを見せてくれた

そして年末のBAND WAGON 2018に出演してもらいたくてすぐにオファーした(西川さんありがとうございます)

 

初めて台風クラブを見た時と同じような衝撃を受けたバンド

スマートじゃない

ダサくてアツくて

でも、そういう男が僕はかっこいいと思う

大好きなんだ

そんなバンド

多分MVや音源で聴く150倍くらい良いっすよライブ

 

 

 

ソフトタッチ「Circle」(MV)

 

恥ずかしながらここ最近

本当に夏くらいに知ったバンドなのですが

シュリスペイロフカミナリグモみたいな0年代の邦ロック特有の全力疾走できないナードな焦燥感や劣等感を感じれて心地良いな〜と思ってたら

1998年結成で一度解散して2016年に再結成して今に至る結構ベテランのバンドでした

 

とにもかくにも今年9月にリリースされたアジカンゴッチと井上陽介さんがプロデュースしたアルバム「リビルド」名作なんすよ

何回もアルバム一曲目から最後の曲まで通して聴いてる

こんなん久しぶりかも

酸いも甘いも色々な経験してこなきゃこんな作品作れない

とにかくライブ見れてないのに声を大にして好きというのは失礼な気がするので近々見に行く予定です

 

 

 

 

 

Helsinki Lambda Club − 何とかしなくちゃ(Official Video)

 

明日12月5日セカンド・ミニアルバム『Tourist』を発売するヘルシンキラムダクラブ

前日の今日は店着日

俗に言うフラゲ日です

各々レコード屋さんに走りましょう

(午前中に行っても届いてないこと多いので気をつけましょう)

 

 

一足先にアルバムを聴かせてもらったのですが、名盤…!!!としか言いようがない

「Jokebox」は疾走感ある王道キラーチューン

でも、歌詞は橋本薫節効いてる

 

「何とかしなくちゃ」は昭和ロック感あるのに何故だか新しくも感じる不思議な曲

ライブで盛り上がりそうだな

あとMVのみんなかわいい

特にタカちゃん

 

 

他にも踊って騒げる「PIZZASHAKE」

 

音的にも今までのヘルシンキにはないような「マリーのドレス」「ロックンロール・プランクスター」

橋本薫節全開泣けるバラード「引っ越し」

とにかく一度聴いてみてほしい

 

ヘルシンキの一番の良さは多様性だと思ってて、それが詰め込まれたアルバム

2018年僕的ベストアルバムです、マジで

これでドカンと売れて叙々苑ご馳走して欲しいです

毎回最高を更新してくるヘルシンキに脱帽

本当に橋本薫は名曲しか作らないよな 

HOW TO GO 2ありがとうございました&12月イベント告知

遅くなりましたが改めてHOW TO GO 2ありがとうございました!

10日経った今でも余韻が抜けなくて困ってます!

f:id:qurulium:20181127054103j:image

 

 

このタイミングでリーガルリリー 、ラブリーサマーちゃん、ナードマグネット 、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、Helsinki Lambda Club、SUNNY CAR WASHあだむ、The Whoopsの宮田を呼べたのは奇跡だったんじゃないかなと思います

しかもO-nest

多分来年には各アーティストがもっともっと大きく成長してるし

後々語られるようなイベントになったら嬉しいし、それ以上にそういうイベントを常に続けていけたらと思います

 

 

 

 

まず、トップバッターのリーガルリリー圧巻でした

なんなんだこの女の子3人組は

僕より背丈も小さいのにステージに立って楽器を持ち音を出した瞬間、歌い出した瞬間に世界が彼女たちのものになってしまう

前見た時は少し危うさの様なものを感じたのだけど、今回はまったく感じなかった

凄く鋭くてでもあったかくて

 

僕はぶらんこって曲が一番好き

『ぶらんこ (Lycanthrope)』Music Video - リーガルリリ

 

 

 

二番手はラブリーサマーちゃん

Twitterで僕は何回も言ってるけど彼女は本物の天才だと思ってる

幅広いジャンルの音楽を聴いてその良い部分を抽出してラブリーサマーちゃんオリジナルに昇華させる

なかなか出来ない

 

音楽に愛されてるし音楽も彼女を愛してる

そしてバンドメンバーの皆様が本当に上手いし安定感あるし佇まいも最高…男から見てもエロい…

ラブサマちゃんMCでくるりネタバンバン出してくれたのも嬉しかった

HOW TO GOってタイトルはもちろん僕のTwitterのIDもくるりから取ってるものだから

 

 

天才だわ、ラブサマちゃん

ラブリーサマーちゃん「青い瞬きの途中で」Music Video

 

 

 

三番手はナードマグネット 

ライブ見ながら僕こういうバンドやりたかったんだよな〜って思って気づいたら泣きなら拳あげてました

ナードマグネットの良さってシンプルに曲が良いとか須田さんのメガネ萌えとか色々あると思うんだけど

多分本当の良さはライブに行って分かる気がする

地方の方でなかなかライブ行くのも難しい方いると思いますが、近くにライブ来た際は一度遊び行ってみてください

絶対楽しいから

ライブで拳あげて泣けるバンドが今どれだけいるだろうか

大好きな曲で大好きなライブ映像

 

ナードマグネット「ぼくたちの失敗」Live at Shibuya WWW X

 

 

 

四番手はキイチビール&ザ・ホーリーティッツ

去年のHOW TO GOも出てくれたよね

あの頃と比べると曲もかなり増えて演奏も格段に上手くなってグルーヴもかなり出てきて無敵感出てきた

良い意味で周りの環境も変わって来た中で今回出演即答してくれたの本当に嬉しかった

この日は前日に大阪、前々日に福岡とハードスケジュールでメンバーみんな疲労困憊だったけど、そんなこと関係なしに最高なライブを見せてくれた

メンバーも渡邊さんも一番良いライブできたって言ってくれて泣きそうになった

年末のBAND WAGON 2018もよろしくね

去年に続き今年も大トリ笑

 

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「透明電車が走る」(Official Music Video)

 

 

 

 

そしてトリはHelsinki Lambda Club

出演してもらったイベント6つのうち全てのトリを務めてる所からも僕がどれだけこのバンドを愛してるか分かる

俺は彼らを勝手に盟友だと思ってます

迷惑かもしれないけど

4年近くイベントをやってる中で特に重要な時にはいつも彼らがいた

bonobosをTHREEに呼んだ時も初回のBAND WAGONでシークレットで出てもらったりした

薫君には弾き語りでバンド以上に一緒にやってる

 

彼らに初めて出演してもらったのは一昨年初めてnestで企画をした時

その時に僕は10万円以上の赤字を出してしまって、イベントをする大変さや難しさを感じて結構ダウナーになったけど、彼らみたいな素晴らしいバンドが近くにいたから2年半経った今もイベントを続けられてる

そして去年HOW TO GOでまた彼らに出演してもらいソールドとまではいかないでも大盛況で

今回のHOW TO GO 2即完レベルでソールドアウト

感慨深いものがありました

 

そして、僕が今まで何十回も見たヘルシンキのライブの中で一番良かった

このバンドが武道館でライブやる日まで俺はイベントやってやるからな、多分

 

12月5日に発売される、Helsinki Lambda Clubの2ndミニアルバム「Tourist」から「何とかしなくちゃ」のMVです🙆‍♂️

ヘルシンキの来月出るアルバム凄くいいのでハードル上げといて大丈夫です

 

Helsinki Lambda Club − 何とかしなくちゃ(Official Video)

 

 

 

そして短い時間の中でバッチリとした弾き語りをやってくれたThe Whoops宮田とSUNNY CAR WASHあだむ

やっている音楽のジャンルにもよるし一概には言えないけど、良いバンドのフロントマンは弾き語りも良い

少なくとも僕が好きなバンドのフロントマンはだいたい弾き語りも良い

そんな2人だから僕は今回バンド5組出る中で2人に弾き語りをお願いした

 

The Whoopsシンプルに曲が良くて演奏も上手い

宮田君に関してはとにかくMCが上手い

もはや芸人なんじゃないかってくらい

The Whoopsのライブ行ったことある方ならご存知かもしれないけど、もはや御家芸

トークで場を温めてお客さんを巻き込んでいく感じ

僕は毎回ライブに行く時MCを楽しみにしてる

もはや宮田くんとベースの森ちゃんとの掛け合いを見に行ってると言っても過言ではない

でも、MCがつまらなくてもきっと僕はフープスを好きになってたと思う

ライブ一回行ってみたら分かると思います

最高のスリーピースバンド

 

The Whoops[ザフープス] /衛星 MV

最近あんまやらないけどこの曲をライブで見て2〜3回泣いてます

 

 

対照的にあだむはMCはおぼつかないけど、歌い出した瞬間に聴いてる人の心を鷲掴みにしていく感じ

生粋のシンガーなんだと思う

人と比べられたりとかあまりされたくないかもしれないけど、小山田壮平君の弾き語り見た時と同じ感覚になるんだよないつも

andymoriとSUNNY CAR WASHがどうかとかは全然思ったことないけど一人のシンガーとしては凄く相通ずる部分がある

 

SUNNY CAR WASH - それだけ

サニカーBPM速い曲多いしそれも好きだけど僕はこの曲と出会ってこのバンドを好きになったし、サニカーの良さが詰まってると思う一曲です

 

 

2人のコラボでヘルシンキしゃれこうべしゃれこうべ歌ってたのすごくグッときました

大好きな友達で大好きなバンドマン

ありがとね

 

 

というわけで、HOW TO GO 3という形で来年も出来れば…と思ってます!

 

 

 

 

最後に告知ですが、12月はイベントが4本あるのでよろしくどうぞ

どれも良いイベントです自分で組んでおきながら

興味あるのあったら連絡ください〜

 

 

①12/10(月曜)@下北沢THREE

『Birthday vol.15』

OPEN 18:30 START 19:00

adv.1,500+1d door.2,000+1d

高校生以下1,000円(1d込み)

※要学生証

出演

・Bluems

・コタン

・ゆうれいのいのち

・ラヴミーズ

・Uptown


フライヤーデザイン:いけまってぅ(@ikematteu)

 

f:id:qurulium:20181127063809j:image

 

②『BAND WAGON 2018』
12/16(日)@下北沢THREE&Basementbar

11:30 OPEN 12:00 START
adv.3,000 door.3,500 1d別途
※高校生以下¥1,000(1d込み)

出演
マイアミパーティ
漫革
錯乱前戦
Laura day romance
JOHNNIVAN
POINT HOPE
SUNNY CAR WASH
揺らぎ
ステレオガール
nicoten
The Whoops
CHIIO
w.o.d.
evening cinema
アフターアワーズ
タカナミ
Lucie,Too
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
polly
余命百年

DJ
hisabor(東京定期便)
にしかわ(Hip Hip Hooray)
富士本警固(from B.Y.N)


FOOD
タキタ食堂


フライヤーデザイン:ちゃんみく

取り置き・問い合わせ
qurulium@gmail.com
SMELLS タキタソウ

 

f:id:qurulium:20181127064001j:image
f:id:qurulium:20181127064004j:image

 

 

③『SPiCE vol.14』

12/22(Sat)@吉祥寺momo curry

OPEN 17:30/START 18:30

ticket 2,500+1オーダー以上

出演

橋本薫(Helsinki Lambda Club)

宮田翔平(The Whoops)

宮田航輔(nicoten)

横沢俊一郎

 

フライヤーデザイン:サイキナオ

取り置き・問い合わせ

SMELLS タキタソウ

qurulium@gmail.com

 

f:id:qurulium:20181127064654p:image

 

 

④『SPiCE vol.15』 ※SOLD OUT

12/23(Sun)@吉祥寺momo curry

OPEN 17:30/START 18:30

ticket 2,500or3,000+1オーダー以上

出演

岩崎優也(SUNNY CAR WASH)

高浪凌

ひとりキイチビール

Chisa(Lucie,Too)

フライヤーデザイン:サイキナオ

取り置き・問い合わせ

SMELLS タキタソウ

qurulium@gmail.com

 

 

f:id:qurulium:20181127064712p:image

 

 

2018年もあと少し

それなりになんとなく駆け抜けていきましょう

 

 

 

 

最近お気に入り気になってるの その1

です

 

 

①CoCoCinema 「ダンスする」 MusicVideo

 

2019年から始動する大阪のバンドCoCoCinema

ライブはまだやってないしもちろんまだ見たこともありません

友達の子がタキタさん好きそうってことで唐突にURL送ってきてまんまと好きになりました

おしゃれでポップでどこか不思議なサウンド

狙ってるか分からないけど程よい抜け感が心地よい

幅広い層から好かれそう

2019年再注目バンドになりそう

僕のイベントも出て頂くかもですます

 

②いちやなぎ みゅう

 

 

こちらも関西から京都のいちやなぎ

先日のトリガーフェスでいちやなぎ君の弾き語り初めて見たのだけど、凄く素敵だった

素敵って表現が合う

とにかく声が良いですね

THEバンドサウンドって曲も聴いてみたいです

イベント後、打ち上げで話をしたのですが、顔つき話し方歌声がヨギーの健悟君にどことなく似ててすごく愛くるしい人でした

 

never young beach - うつらない (official video)

 never young beachの新境地と言える新曲

先日の新木場コーストでくるりをゲストに招いたライブでも聴いたけど、日本語の素晴らしさを改めて感じた

未だにシティーポップとカテゴライズされてるバンドの中の一つとして語る人がいるけど、そもそも最初から違うし、そういう人は一度ライブを見に行って欲しい

くるりもきのこ帝国も銀杏BOYZもそうだけど、在り続けながら常に流動的なバンドは本当にかっこいいと思います

 

 

ジオラマラジオ - telephone card (official video)

ジオラマラジオは最高にロマンチックなバンド

この曲の爽やかさの中に甘酸っぱいというか物憂げというかあの夏が終わってしまう特有の寂しさが詰まってる感じ

こんな曲もっとバズるべきだろ

バズロックだかなんだか知らないけど

この曲聴いてからジオラマラジオ 他の曲聴くともっとよく感じる

この現象なんだろね

 

 

⑤Homecomings "Hull Down"(Official Music Video)

 

ホムカミを初めて知ったのは四年前ココ吉で

『I Want You Back EP』を視聴して買った時

そういえばヨギーにしろネバヤンにしろシャムキャッツにしろ今好きなバンドの多くとココ吉で出会ってる気がする

矢島さんありがとうございます

 

今まで続けてきた英語詞から一変全曲日本語詞のアルバムをリリースしたホムカミ

何年も英語で歌ってきてそれが浸透してるからこそ、すごい勇気がいる挑戦だったと思う

今までも多分周りから日本語で歌ったら?とか言われたりもしてきたんだと思うし、その中で葛藤がありながらもしっかり振り切って日本語で歌うことを決めたのかなと勝手な推測してる

アルバムのうち二曲はインストで、それがアクセントや中休みとしてまるで映画みたいなアルバムになってる

ホムカミはとにかくメロディが良いし、日本語だとより感情がダイレクトに伝わるから個人的にすごく好きだな

人も音楽も変わり続けるし

良いものは良い、それだけだと思う

BAND WAGON 2018

こんばんは🐶

昨日各SNSで告知させて頂きましたが、今年もやりますBAND WAGON

何だかんだ三年目です

あらゆる人に感謝

 

 

f:id:qurulium:20181109194853j:image
f:id:qurulium:20181109194859j:image

🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶

『BAND WAGON 2018』
12/16(日)@下北沢THREE&Basementbar

11:30 OPEN 12:00 START
adv.3,000 door.3,500 1d別途
※高校生以下¥1,000(1d込み)

出演
マイアミパーティ
漫革
錯乱前戦
Laura day romance
JOHNNIVAN
POINT HOPE
SUNNY CAR WASH
揺らぎ
ステレオガール
nicoten
The Whoops
CHIIO
w.o.d.
evening cinema
アフターアワーズ
タカナミ
Lucie,Too
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
polly
余命百年

DJ
hisabor(東京定期便)
にしかわ(Hip Hip Hooray)
富士本警固(from B.Y.N)


FOOD
タキタ食堂


フライヤーデザイン:ちゃんみく

取り置き・問い合わせ
qurulium@gmail.com
SMELLS タキタソウ

 

🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶🐶

 

 

自分で言うのもアレだけど、出演者数・メンツ・会場・価格設定など諸々バグってる気が

でもまあ、年末くらいは馬鹿やってもいいじゃないかと思ってこのイベントを続けてるので大丈夫

楽しかったらたくさん飲んでください

高校生以下は飲まなくていいと言うか飲んじゃダメだからコーラで乾杯しようね

本当に千円握りしめて来てくれれば良いから

2年後でも5年後でも良いから、バンド組んでこのイベント出てくれたりしたら嬉しいです

 

 

 

下記、SNSに書くべきものかなんというか迷ったのですが、一応ブログに書いときます

別に読まなくても大丈夫です

 

 

〜入退場について〜

BAND WAGON 2018は昼から夜の長いイベントとなります

昼から夜まで立ちっぱなしは誰であろうとキツイと思うので、入退場は去年同様可能なイベントにする予定です

全バンド見て欲しいけど、そんなん強制するものじゃないし、とにかく疲れるし

そこで、ひとつだけ注意点なのですが、入退場自由だからといってライブハウスの周辺に溜まるのだけは絶対にやめてください!!

それが原因でその日のイベントの中止はもちろん、そのライブハウスが存続できなくなることも可能性としてはなくないです

これはどのイベントに関しても言えることですが、ライブハウスの周辺にはお店だけではなく、普通の住宅もあることが多く、普段ライブハウスに行かない人からしたらライブハウスが近所にあるってだけで快く思ってない人もいなくはないです

そういう方とも共存しつつ成り立ってるライブハウスがほとんど

なので、アーティスト・お客さん問わず溜まりなど気にかけてくれたら嬉しいです

あと最低限ゴミは持って帰りましょう

子供でも出来ることなので

 

 

下北沢は楽しい街です

少し疲れたらサウナに行くのも良し、居酒屋巡りするのも良し、喫茶店で落ち着くのも良し、漫画喫茶で寝るのも良し、ラブホテル行くのも良し

でも、なるべくライブハウスで楽しく飲んでお金落としていってくれたら嬉しいな…

 

 

 

〜バンド数/会場数について〜

これだけイベントやってたり良いアーティスト呼んでるならもっとたくさんの会場でたくさんのアーティスト呼んで大規模なサーキットやれば?的なこと言われますが、多分BAND WAGONはこれからも下北沢THREEとBASEMENTBARの2会場だけでやっていきます

現状、イラストレーター・HP管理・当日のお手伝いをやってくれる友人はいますが、イベントの実務的なことは自分一人でやってるので、簡単に言うと管理できる限界なのです

自分が呼んだんなら、当日なるべく全バンドのライブ見たいし、その限界が2会場だし、おそらくTHREEとBASEMENTBARのような同じビルの中にあるライブハウスじゃないと成り立たない

元々のコンセプトを曲げてまでイベントを大きくしたいとは思わない

そこはこだわりです

 

呼びたいアーティストを夏頃からリストアップしてたら普通に100組を超えてたし、それはそれで来年は既存のイベントとは別に大きなイベントもやろうと思います

一応水面下で進めてはいます

そのイベントはきっと自分ひとりの力では不可能なので、どっかの会社さんだったら人のお力添えを借りると思います

楽しいのは前提として継続的な物をこれからもやっていけたらなと思ってます

 

 

 

とにもかくにも12/16は下北沢THREEとBASEMENTBARで死ぬほど遊びましょう

僕も当日一番楽しんでやります

一番楽しんだ奴が一番面白い事できると思ってるので

ではでは

9月のメイドインヘブン

今年馬鹿みたいなスピードで時が過ぎてくけど、どうした

あれかプッチ神父のメイドインヘブンか

それともシンプルに年を重ねるにつれて時間の経過が早くなるってやつか

僕はジョジョ5部が一番好きです

ちなみに人の汗舐めると嘘ついてるかついてないか分かる人間です

f:id:qurulium:20180925070910j:image

 

 

とりあえず9月も今週には終わって10月になるらしいので夏が終わってまだエモい感情を爆発したら消化できてない人用に勝手に9月にまつわる曲置いてきます

 

 

 

teto - 9月になること(MV)

昨年発売されたtetoの名盤『dystopia』から「9月になること」

tetoってイントロからアウトロまで全力ダッシュ(50m走的な)って曲が多いイメージだったけど

この曲はAメロBメロの落ち着きからのサビの爆発力が凄まじい

サビまでの助走がちゃんとある曲

Cメロの小池君とゲストボーカルリーガルリリーほのかちゃんの掛け合いは銀杏BOYZの「駆け抜けて性春」レベルで良い、好き

9月って夏と秋どっちつかずで、激しいだけじゃ暑苦しいし、落ち着きすぎてても何か寂しいし、そんな時この曲を聴いてください

 

この曲というかアルバムを最初聴いた時、勝手になんか突き抜けたなーと同時に拓けたバンドになったと思いました(短距離長距離両用バンド teto)

もうヒーローだよな、teto

明日発売されるファーストフルアルバム『手』絶対傑作だろ

ずっとファンです

 

 

 

 

銀杏BOYZ せんそうはんたいツアー 夜王子と月の姫

2005年、2枚同時発売された銀杏BOYZの『DOOR』『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』の『DOOR』から「夜王子と月の姫」

最近、大人気アイドルグループBiSHのチッチちゃんがソロデビューして、この曲をデビューシングルとしてカバーしたのが記憶に新しい

僕はこのカバーシンプルに好きです

てか、女の子が歌う銀杏BOYZってもうそれだけで最高なんだよ

 

元は銀杏BOYZの前身バンドGOING STEADY時代から歌われていた曲で、02年に発売された「若者たち/夜王子と月の姫」って両A面シングルで発売されてオリコン週間5位にまでなったらしい(俺小6…)

 

 

銀杏BOYZ屈指のラブソング

この曲を作っただけでもう峯田君は生まれてきた意味があるよ、本当に

歌詞で『九月の十一日 指輪を落とした月の姫』

ってあって、それが9.11のテロか取ったのか峯田が偶然彼女と別れた日だったのか知らないけど、そんなことはどうでも良いのです

銀杏BOYZ下手で激しくてうるさくて汚いから嫌いって人には聴いてほしい

僕が銀杏BOYZを好きな理由はただひたすらに人間臭いからです

「リビドー」「NO FUTURE NO CRY」のようにドロドロとして激しい曲と「BABY BABY」「夢で逢えたら」のようなキラキラした曲、「東京」「漂流教室」のように哀愁漂うまるで日記のような曲

その全て兼ね備えてる「援助交際」は最強のキラーチューンだと思います

 

最近は峯田君も色々な重荷がなくなって精力的に活動してるし、僕は嬉しい

初期メンバーも全員抜けてしまって第2期銀杏BOYZと呼ばれてもいるけど、僕は峯田君がどんなにボロッボロになっても好きだし応援したい

ライブも行きたい(武道館以来行けてない…)

死ぬまでNo.1なバンドであり続けると思います銀杏BOYZ

 

 

 

 

 

青とメメメ「セプテンバーさん」

2006年発売、RADWIMPSRADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』から「セプテンバーさん」

RADWIMPSとの出会いは高校入ってすぐに仲良くなった女の子が僕が音楽好きってのを聞きつけて大量に貸してくれたCDの中にあったから

別にその女の子とは何もなかったけど、人生ってこの人と会わなかったらこの音楽聴かなかったよな〜とか好きにならなかったよな〜ってのありませんか?

僕は影響受けやすい人間だったので、人一倍そうだった気がします

そういうのって後から振り返るとすごく愛おしく思えたりするから好き

 

友達とRADWIMPS縛りのカラオケしようよってくらいには好きなつもりなんだけど、『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』以降の曲は、前前前世くらいしか知らないので、オススメの曲とかあったら教えてください

 

全然関係ないけど、僕は「ラッドウィンプス(笑)」みたいに言ってくる人が一番嫌いで、それは音楽だけに関わらないんだけど、売れてる物を妄信的に馬鹿にするセンサーが働いている人がどうしても一定数いるんだよな

好き嫌いは誰にしもあるし、それを否定はしないけど

売れてる物には必ず理由があって、それを理解してバンドを貶すならまだしもロクに聴かないで、聴いてる人を馬鹿にしたりしやがるからタチが悪い

もちろん売れてる理由が、誇れるものではない場合もあるけど(RADWIMPSに関してはシンプルに良い音楽を作ってちゃんと評価されてると思う)

 

この年になるとそういう人と出会うのも大分減ったけど、年に数回は飲みの席とかでそういう輩に遭遇するので、その時は心の中で100回くらいF××k!!!って唱えてます

何か飲んでる時くらいもっと好きな人とか話してたいよな

あと下ネタとか、どこもかしこも駐車場だぜ

とか